木燃人の道行

ここは主に写真で綴る趣味の社です。どなたでも気軽なご来場をお待ちしております。
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

2016
03/25 08:00

1457 木工作品(2809-11)

  • 何かを作ろうとの意思もないままに、単なる思い付きで木工品を作ってみた。 材料は相変わらず目に見えては減らない、切れ端など使い道のない不良在庫の材木を使い、新たな購入をしないようにして3点ができたので載せることにした。木工作品 No 28-09   飾り棚 ハイドロカルチャーを数多く並べているので、ごちゃ付きを少し整理すべく“専用の飾り棚”を作った。 見た目はさほど変わらないが、① 光が通り易くする、② 風通...
2016
03/10 08:00

1446 木工作品(2808)小飾台

  • * 木目の美しい30mm厚の「欅板」を使った”飾台” ***** 本来ならば立派な家具に使われる”欅材”であるが、おそらくは十分乾燥しないうちに製材してしまったようで、下の写真のように”ひん曲がって”しまったから、これではプロは使わないので、義弟を経由して”タダ”で私の手に渡ることとなったもの。 曲がりの少ない板は前に紹介したように、植木鉢などを並べる花台を作ったが、その板も残り少なくなってくると、その曲がりも半...
2016
03/02 08:00

1440 木工作品(2806,07)

  • * 珍妙”カップホルダー”と”イス型飾台”***** 最近になり、友からの木工品の作成依頼が頻繁にあり、木工工房に入る機会が多くなってきた。 その結果しばらく忘れていたり、気合が入らなかったものが、逆になり、作りたいものがでてきたし、 あれを作れ、これも作れとの命令も出始めた。  また、工房にはかなり減って来たとはいえ、まだまだ不良在庫の木材がたっぷりあるので、これを私が生きてる間に整理もしなければならない...
2016
02/27 08:00

1439 木工作品(2804,05)鶴が飛んだ

  • * 天高く飛ぶ丹頂鶴と羽ばたく風見鶏 ***** 友から製作を依頼された、鶴と鶏が完成し、2Fのベランダ(ウッドデッキ)にて実際の風に当てるテストを行った。先ずは・・・ No2804 飛ぶ鶴 最初に頭の中で各パーツ毎のバランスを考えて、吊り位置を決めてやってみたが、思い描いたようには、鶴が形を作れないので、①胴体に両サイドの羽を付けた状態で(頭も尾もつけない状態)、胴体が平行にになる位置を吊るようにした。 そして...
2016
02/23 08:00

1437 木工作品(2803~5)

  • * ユニークな友が考えるユニークなテーブル他面白い品々 *****中学生の頃からの友達が作ってくれと、木や金具から塗料まで持ってきたもの、3点が完成したので、紹介する。 No2803 小テーブル    400×450×H800mm 天板は15mm厚さのベーマツの集成材を二枚張り合わせ。塗装はウレタン(油性)の無色を二回塗りとした。 足は、同じくベーマツの35mm角材を使用し、黒色の吹き付け(持参塗料)塗装を行った。ユニー...

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご来場ありがとうございます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。