木燃人の道行

ここは主に写真で綴る趣味の社です。どなたでも気軽なご来場をお待ちしております。
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
04/13 08:00

723 植物園の花(4)

2012.03.29(木)、陽気に誘われ、突然やってきたが、やはりまだ花達はお休み中。温室内に花は見られたが無理矢理咲かされたのではないかと、花には少し気の毒な感じもした。



「トウワタ(唐綿)」

D78625t


「リュエリア マクランタ」   

D78635t


「ヘラルゴニウム クリトミフォリウム」

D78669t


「モミジバゼラニュウム」
園芸店などでよく見かける、当然園芸品種。

D78640t


「シロガネノマイ(白銀の舞)」
葉が白銀で美しいのだそうだが、まだ充分育っていなかった。

D78665t


「クヅリュウ(九頭竜)」 

D78671t


「サラセニア」という、食虫植物らしいが、初見だ!。

D78656t

D78647t

この"お椀”の中に落ち込んだ虫が、その中で溺れたりして死に、植物の肥しになるそうだ。

D78649t

D78653t

D78657t

D78659t


改めて言う程の事でもないが、帰ってブログ作成に当たり、今回見た花達の解説などを読むと、「園芸品種」「栽培品種」(Cultivars)または、「交配種」(Artificial Hybrids)などと書かれたものが多いのが目についた。要は人為的に作られた植物が多いのだ。

我々が日頃目にしている花は、大部分が園芸品種等であることはよく承知している。変わった形の花、珍しい色、育てやすい品種など、売れる商品にと研究されているお陰で、花を植えたり写真を撮る楽しみを簡易に味わえる事は有難いことだと思う。

ただ、市立植物園の温室内の多くが園芸品種であることを知って、かなり落胆せざるを得なかった。ここは一般市民が相手であり、植物学者が見に来る訳はないから、見て楽しめる花、きれいな花が客を呼ぶから置くことも理解するが、私としてはかなり不満が残るのである。

一方で既に絶滅してしまったものが多数ある中、更に今その危惧のある植物の保存とか、多様性の維持とかが叫ばれているのだから、それに逆行するような事に加担して、市立植物園が商業的になるのは如何なものかと思うのである。

                                          おしまい

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ご来場ありがとうございます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。