木燃人の道行

ここは主に写真で綴る趣味の社です。どなたでも気軽なご来場をお待ちしております。
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
04/14 08:00

727 福智院 (奈良の古寺巡り3)

晴天の2012.04.02(月)、奈良に来て「帯解寺」「大安寺」を見て三番目の訪問地は「十輪寺」であり、門前まできてみると、月曜日はお休みとの張り紙があった。こんな事があっては効率が悪いと思いネットで調べたが書いてはなかったので、次の訪問予定の寺に向った。


「福智院」  (ふくちいん)
        真言律宗  清冷山
        奈良市福智院町
        拝観境内無料 本堂¥400(説明あり) 駐車場なし


D78898at

奈良市福智院町にある『福智院』は、聖武天皇が発願、736年に玄昉が創建した清水寺を前身とする古刹です。鎌倉時代に本尊の「地蔵菩薩坐像(重文)」が造立されたのにともなって現在地へ移転し、興福寺大乗院の地蔵堂として、南都の地蔵信仰の霊場になってる。

D78899t

本堂に入ると、目の前には像高2.73m、台座から6.76mという、「地蔵大仏」と呼ばれるほど大きな「地蔵菩薩坐像(重文)」がいらっしゃいます。これほど大きなお地蔵さまの坐像はなかなか見られませんし、左手には宝珠を持っていて(右手には錫杖)、これが薬壷に見えて、一瞬、薬師如来像かと思ってしまいます。

このお地蔵さまは大きいだけではありません。南都仏師が手がけた鎌倉時代の仏さまらしく、切れ長の凛とした表情が印象的で(お顔の部分は最近修復なさったそうです)、大きな仏像にありがちなアンバランスさは全く感じられません。また、他では見られない珍しい特徴を兼ね備えた、とても面白いお地蔵さまでした。

大きな珍しいお地蔵さんですが、写真を撮ることを許されなかったのは残念なことでした。
製作年代は鎌倉時代と古いが、作者が不明のためにか、国宝にならないのかも?。

D78916t

D78910t

D78904t


この小じんまりとした寺でも拝観料を取られたが、寺の奥様らしき人が、本堂を開けて10分間位、寺の歴史などを割合丁寧に説明し、質問にも笑顔で答えてくれたのは嬉しかった。

                                       << 続く >>

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご来場ありがとうございます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。