木燃人の道行

ここは主に写真で綴る趣味の社です。どなたでも気軽なご来場をお待ちしております。
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
05/10 08:00

748 八坂の塔(京都)

京都東山北部 寺と神社と桜めぐり (12)

建仁寺方面から「東大路通(県道143)」を超えて、右に「清水寺」、左は「高台寺」「円山公園」を感じる辺りに来ると、一段と高く凛として素晴らしく目を引く塔が嫌でも目に入ってくる。


「八坂の塔」   (やさかのとう)  別名:法観寺(ほうかんじ)
          臨済宗建仁寺派  霊応山
          京都市東山区清水八坂上町388
          拝観料¥400(塔内部2階まで上がれる)  

D79974t

上記写真は、二年坂から「霊山観音」「高台寺(駐車場)」などの高台に上がる途中で見たもの。


D79909t




D79911t

D79915t

五重塔は高さ49mで東寺興福寺の五重塔に次ぐ高さをもつ純和様、本瓦葺の建築である。中心の礎石は創建当初のものが残っておりそのまま使われている。初層内部には大日如来を中心とする五智如来像を安置する。塔の中は公開されることもあり礎石の上の心柱や諸仏を見ることができる。また階段を二層目まで登ることもでき窓から京の町並みを眺望できる。重要文化財に指定されている。

戦国時代には、地方から上洛した大名が当寺に定紋入りの旗を掲げることによって、誰が新しい支配者・天下人になったかを世人に知らせたという。



下は塔を上下に中心を貫く檜の心柱。これが耐震強度を上げているらしいが、世に五重の塔は沢山あるが、それを超えるものが国内には存在しない。何故かと言うと、どうもこの心柱にする木が育っていないかららしい。例えば七重の塔とすると五重よりも10m近く長くまっすぐな木が必要であるが、そんな木は数百年もかかるので、聖徳太子の時代以降は木が育たず、高い塔が建てられないのだと私は思う。(奈良大安寺で聞いた話より推測)

D79930at

心柱の回りを4体の仏様がまもっている。

D79934t

D79914t

D79936t

D79937t


京都東山区北部を歩いて、寺社とさくらをめぐる旅はエンディングが近いが、もう少しだけお付き合いを賜りたいと思っている。この後は「霊山観音」である。

                                      << 続く >>   



<
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【748 八坂の塔(京都)】
京都東山北部 寺と神社と桜めぐり (12)建仁寺方面から「東大路通(県道143)」を超えて、右に「清水寺」、左は「高台寺」「円山公園」を感じる辺りに来ると、一段と高く凛とし...
[2012/05/10 09:58] まとめwoネタ速neo
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご来場ありがとうございます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。