木燃人の道行

ここは主に写真で綴る趣味の社です。どなたでも気軽なご来場をお待ちしております。
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
05/25 14:00

773 金福寺(京都)

新緑と京都左京区の古寺めぐり(1)

ゴールデンウイークに奈良の中心街に行き大混雑に逢い、連休に出たことの失敗を痛く感じたので、出ることに消極的になっていたが、2011.05.23(水)あまりにも天気がよく、例の”虫"が動き始め、ならば京都へと出て来たのであった。

午前8時の出発故に、あまり遠くは遠慮して、予てから計画してある、京都東ICから比較的近い左京区の略中ほど、金福寺から赤山禅寺辺りを本日のターゲットとしたのであった。


「金福寺」   (こんぷくじ)
         臨済宗南禅寺派  仏日山
         京都市左京区一乗寺才形町
         拝観料¥500  駐車無料(2台のみ)

D85595t.jpg

864年(貞観6年)慈覚大師円仁の遺志により、安恵僧都が創建し、円仁自作の聖観音菩薩像を安置した。 当初天台宗であったが、後に荒廃したために元禄年間(1688年~1704年)に円光寺の鉄舟によって再興され、その際に円光寺の末寺となり、天台宗より臨済宗南禅寺派に改宗した。
その後鉄舟と親しかった松尾芭蕉が、京都に旅行した際に庭園の裏側にある草庵を訪れ、風流を語り合ったとされ後に芭蕉庵と名付けられたが、荒廃していた為、彼を敬慕する与謝蕪村とその一門が1776年(安永5年)に再興した。
幕末に入り舟橋聖一著の『花の生涯』のヒロインとして知られる村山たか(村山たか女)が尼として入寺し、その生涯をとじた。


D85596t.jpg

D85598t.jpg

D85620t.jpg

D85609t.jpg

D85611t.jpg


ここは芭蕉と蕪村それに村山たか女にゆかりの寺として知られる。
下の掛け軸は蕪村が描いたとされる芭蕉像とか。

D85608t.jpg

村山たか女とは
幕末において井伊直弼の愛人であったが、直弼が江戸に下った後は、幕府の隠密となって活躍していたが、直弼が暗殺されると、勤皇の志士達に捕まり、三条の河原で”生晒”に三日間されたが、飲まず食わずに生き残ったことで助けられ、尼僧になり67才で没するまでここで過ごしたと言う。(寺のパンフ等より)

D85613t.jpg

D85621t.jpg

D85638t.jpg


「芭蕉庵」

D85628t.jpg


蕪村の墓

D85632t.jpg


ここら辺りは、修学院離宮あたりまでは、見たい所が密集するところ、この後は「詩仙堂」に入ったがそれは後日に掲載したい。

                               、、<< 続く >>



新しい記事が入ったので、季節の花ながら、少し先送りとして、原則的には寺社と花とを交互に載せて行きたいと思っている。




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【773 金福寺(京都)】
新緑と京都左京区の古寺めぐり(1)ゴールデンウイークに奈良の中心街に行き大混雑に逢い、連休に出たことの失敗を痛く感じたので、出ることに消極的になっていたが、2011.05.23(水
[2012/05/25 16:35] まとめwoネタ速neo
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場ありがとうございます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。