木燃人の道行

ここは主に写真で綴る趣味の社です。どなたでも気軽なご来場をお待ちしております。
--
--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012
07/04 08:00

793 金勝寺(奈良)

奈良西部の古寺めぐり(4)


「朝護孫子寺」を見た後、信貴山を降りて国道168号を2Km強北上し、その道沿いの古寺に入った。


「金勝寺」   (きんしょうじ) 
        真言宗室生寺派  椣原山
        奈良県生駒郡平群町
        境内拝観自由  駐車無料(数台以内) 

D87249t.jpg

当山は竜田川に迫る薬師山の麗にあり、付近は峡谷となり、数十年前まではきわめて景勝の地でありました。当地には竜田川に住む龍神を祀る信仰が古くからありました。
寺伝によれば行基菩薩が春日神祠参籠のおり、夢枕に白髪の老人が現れ「これより西にあたりて霊地あり。建立し衆生救うべし。」とのお告げにより、天平18年(746年)、聖武天皇の勅命を賜り、境内四丁四方、寺領七百石、金堂、大講堂、阿弥陀堂、護摩堂、三重塔、食堂、その他塔頭坊舎三十六ヶ坊等の一大伽藍が建立されたと伝わっております。
鎌倉時代は皇室領となり、後白河法皇の荘園となった時期もありました。
その後、当山から目と鼻の先の距離にある信貴山城に永禄二年(1559年)に入城し、大和をほぼ制圧した松永弾正久秀の焼き討ちに遭い、天正年間にことごとくの建造物を焼失し、その上寺領までもが没収されました。
筒井順慶、石田三成に仕えた戦国武将島左近一族の支援や信仰厚い村の人々の協力もあり、本堂、阿弥陀堂、坊舎六ヶ坊等を復興しましたが、文政年間に五ヶ坊が廃絶し、現在は真言院「桜の坊」のみが残っております。
現在の本堂は寛文五年(1666年) の再興で、焼き討ちの焼け跡から、使える木材を再利用し、柱を上下逆に使用したり、規模を二分の一に縮小したりと、当時の復興の苦労の跡がしばれます。
その後再び明治十六年の火災により、護摩堂、宝蔵庫、庫裏を全焼しましたが、明治三十五年に護摩堂、解体移転、無量寿殿(阿弥陀堂)、南門、東門、檀信徒研修道場等を新築し、現在に至っております。約1200年前、創建当初は法相宗でありましたが、現在は真言宗室生寺派の法灯をお守りしております
。(寺のホームページより)

「本堂」

D87252t.jpg


「磨崖石仏}

D87256t.jpg

国道沿いにありながら、訪れる人もなく、寺はひっそりと静まっていた。

D87251t.jpg


「十三重石塔}

D87257t.jpg

「山門」
門の内側に黄色く咲いているのは「特定外来生物」の「オオキンケイギク」と思ったので、近くで見たら「ルドベキア」であった。何故この花がここにあるのかと、ネットで調べたら、明治時代にはるばるとアメリカからやってきたものを植えたようだ。

ルドベキア花図鑑:http://hanabana33.blog40.fc2.com/blog-entry-507.html

D87248t.jpg

D87259t.jpg

D87263t.jpg


この後は、信貴山(437m)の北方数Km、生駒山(643m)の南方3~4Kmにある「千光寺」に向った。



余計なことであるが・・・
昨年の今日、私が生まれて初めての”手術台”に上がった日なのだ。
ある病院が病棟増設のために、売り上げ拡大の必要があり、私が望みもしない余計な検査をさせられたから、手術せざるを得なくなったのであるが、手術をしたことの是非は未だに自身は納得していないのだ。もし、手術を受けなければ、元気いっぱい、海外旅行なども行ってたであろうし、または、既に墓場の中だったかも知れないとしてもである。生きる権利は勿論あるが、生きなくてもよい道を選択する権利もあるのではないだろうか?と思う。

スポンサーサイト
No title
木燃人さん

こじんまりしたお寺ですね。階段の段数が多いから近くにあれば絶好の運動道になりますが。
近所の華厳時はもっと長い階段ですが人出が多くて利用できないです。

>生きなくてもよい道を選択する権利もあるのではないだろうか?

何百のお寺を回っても永遠に解決しない難問だと思います。
手術した事に疑問を持っておられるのですか?
手術しないで爆弾を抱えて生きていく自信があったのですか?
[ 2012/07/04 11:46 ] [ 編集 ]
手術の是非
木燃人さん

なまじ「検査」したばかりに「手術」を迫られ、手術後が悪くて死期を早めた人の例を、私は、知っています。お医者さんは、万能ではありません。診断間違いも、手術の失敗もあります。出来れば、手術など受けたくないですね。しかし、痛くて苦しければ、手術に縋ることになるでしょう。人間は弱いです。
[ 2012/07/04 15:57 ] [ 編集 ]
No title
たきあんさん

菰野厚生病院は余計なことをしてくれた、知らなければよかった。
手術を置けたのは、その時、周りに迷惑を掛けるのは嫌だからやったのであって、私一人だったら、爆発の危険を承知の上で、爆弾抱えて世界中を飛び回っていたと思います。胸部の場合は爆発すれば、殆ど助からないから、どこで爆発しても同じ結果です、それならば一番楽しいことをしてる時に人生を終えられたら最高ではありませんか!。この考えが常人では無いと言いたいのでしょうが、例え変人と言われても、これは私の真の思いであり、とやかく言われても変わるものではありません。
[ 2012/07/05 09:38 ] [ 編集 ]
手術の是非
shuttleさん

手術を受ける前に、心臓血管外科の部長(執刀医)から説明と決断を迫られた時、80才以上なら奨めない、私は中間だから本人の意思で決めると言われたのです。手術成功率は90%、例え命はあっても植物人間になる可能性も指摘されたのです。その時家族も居ましたが、私は一人だったら受けない、止むを得ない決断だと、そしてもし植物人間になりそうなら、即治療は不要とはっきり言いました。
一年経ってまだ腹が据わらないのは、情けない話ですが、体力不足で自由に動けなくなったのは、明らかに手術のせいに他ならない、だからしなければよかったとも思うのです。病気とだけ付き合って何もしないで生きてるなんて私には地獄以外の何物でもありません。
[ 2012/07/05 09:52 ] [ 編集 ]
No title
木燃人さん

軽率なコメントお許し下さい。
自分だけの事ではありまんね。遺される者の事を考えると選択肢は決まってきます。
両親の亡くなる時、二人とも延命措置をとるかどうかの判断を迫られました。
植物人間になってまで生きたいとは誰も考えないでしょうが苦しみながら生きるのも地獄です。
「一番楽しいことをしてる時に人生を終えられたら最高」との考え常人です。なんで変人なものか。
[ 2012/07/05 15:45 ] [ 編集 ]
No title
たきあんさん

爆弾かかえて海外旅行なんて、いくら身内が居なくとも、倒れれば事件になるのですから、 人様の迷惑お構いなしの自己本位のやりかたですから、正常な人間のやることではないと承知してますから、やるにはそれなりの準備と覚悟がいるとは思いますが、私の信条としてはこうだと言う話しです。
何とかこんな事を書きたくなる心境から脱したいのですが、どうにも垣根を超えることができません。
[ 2012/07/06 10:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご来場ありがとうございます。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。